slide

業務委託の人間が求められるシーンとは

業務委託という形態で働くようなIT関連の開発者が増えています。業務委託はサラリーマンと違い会社に雇用されているのではなく、対等の立場で労働力を報酬の対価として提供するという人間です。報酬を支払う会社から保険や社会保障は受けられませんが、束縛も少なく契約次第ではオフィスに通勤して働く必要もありません。契約通りに依頼の案件を期日に合わせて完了すれば、比較的自由に働ける形態の働き方です。

そのような業務委託の人間がなぜ企業にとって重宝されているかというと、その会社の中で足りないスキルを手軽に補えるからです。例えば小規模の建設会社などでシステムを構築したい時に、自分の会社にそういったスキルを持つ人間が居ない、でも頻繁にシステム開発が必要なわけではないので部署を持つ程でもない、というケースにこういった立場の人間を雇ったりするケースが多いのです。委託の人間には仲介者が居て手数料を支払うケースもありますが、そういった手数料ややや高めの報酬を支払っても雇用する会社も多いのです。

結局常勤の部署を設立して何人も正規雇用にするリスクを考えれば、委託で働いてもらうほうが結局人件費が少なくなるという算段なのです。リスクを減らして安全に人材を雇用できる手段としてフリーランスの人間に委託する会社は増えています。特に専門性の高い仕事であるIT系の開発案件やネットワークの構築などを行うシステムエンジニア、プログラマ、ネットワークエンジニアの人間が多く活躍しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です